Concept

従来の英語教育の問題点


最近では、「実践的な英語を身に付けよう!」という考えで、リスニング教材などが非常に充実してきています。また、スピーキング力にもつながる音読練習の重要性が盛んに叫ばれています。たしかに、実際に生の英語を聞いてリスニング力を鍛えたり、音読練習をしてスピーキング力につなげていくことは大変重要で、必要なことです。

しかし、それでも非常に根本的な問題を見落としています。それは、英語の音のシステムを根本から理解しないまま、リスニング力やスピーキング力を上げようとしているということです。これでは本来有効なトレーニング方法も、効果半減になってしまいますし、大なしです。本来、ことばは「音」から出来ていますから、特に「会話」を中心とするコミュニケーションを行う場合、音が分からないと話になりません。しかも、英語と日本語の音のシステムはまったくと言っていいほど違います。ですから、本来は、先ず初めに英語の音のシステムを理解して、特徴を捉え、英語独特の音やリズムを身に付ける必要があるのです。しかし、多くの方がこの重要な事実を見過ごしてしまい、いわゆる「テクニック」的なトレーニング方法ばかりを追いかけているようです。

日本で義務教育を受けたわたしたちは、英語の基本的な「知識」は持っているため、簡単な英文を読んだり、意味を理解したりすることはある程度できます。そのため、英語を身に付ける基盤(音の理解)が固まっていないうちに、次のステップへ進んでしまいがちです。
人間は、ことばを覚える際、音やリズムと意味をセットにして脳に記憶します。その音があいまいだったり、間違って覚えていたり、あるいは、音のルールそのものをきちんと理解していないと、見た目(カタカナ読みで覚えている読み方)と、実際に聞こえてくる音とのズレがあるため、脳は同じものと判断せず、定着しません。ですから、本来有効なはずのリスニングや音読のトレーニングを行っても、なかなか身に付かないという現象に陥ってしまうのです。

発音が大事な理由


もし、あなたが本当に使える英語を身に付けたいと思っているなら、先ず取り組むべきなのは、「英語の発音とリズム」です。
英会話と一口に言っても、実は様々な要素が絡み合っていて、実際に言葉を使えるようになるまでには、かなり色々なことを習得していく必要があります。

でも、何よりも先ず初めに必要なのは、「音」の理解です。なぜなら言葉は基本的に「音」と「イメージ」の組み合わせで出来ているからです。先ずその音が聞き取れて、それに対応するイメージが頭の中で繋がって、初めて意味が分かるわけです。
ですので、音が正確に聞き取れないと、相手の言っていることは理解できないし、自分の伝えたいことも、正確に音を発音しなければ分かってもらえません。説明してしまうと、当たり前のことだと納得できると思います。

それなのに、英会話を上達させたいと思っている方で、発音やリズムを学習してがんばっている方というのは、本当に少数派です。と同時に、本当に英語が堪能な方の多くは、きちんと英語らしい発音が身に付いている場合がほとんどなのです。

ですから、先ずがんばるべきは、「発音とリズム」です。
ここで言う、「英語の発音とリズム」とは、英語の音のシステムから、話される時の音のリズムやパターン全体の特徴を指しています。

10歳を過ぎたら発音を学んだほうが良い理由


「世界には色んな英語があるんだから、発音なんて日本人英語でもいいんだ」とか、「子どもじゃないんだから、発音が悪くても仕方ない」とか、「発音を学習するっていっても難しいし、先ず聞き取れないから無理」というような、「発音は先ず捨てる・諦める」意見を聞いたりします。たしかに、発音はとっつき難いのかもしれません。しかし実は、大人になってから英語を学ぶからこそ、発音は学習したほうがよいということをご存知ですか。

子ども(思春期前)の場合、自然な英語に触れる機会が多ければ、発音なんて学習しなくても、理屈抜きで真似することができるので、上手に発音できるようになります。
でも大人の場合、そう簡単にはいきません。「臨界期仮説」というものがあって、特に発音はそれが当てはまることが大半です。
これは、ある年齢を過ぎると自然に(母語を習得するように)語学を習得することが難しくなるという意味で、でも、だからこそ、学習したほうがいいわけです。大抵の場合、すでに臨界期を過ぎている(理屈抜きで自然には習得出来ない)にもかかわらず、きちんと学習をしないで「慣れ」で習得しようとしているため、非常に難しく感じるというわけです。これは当然ですね。それは、大人になってから英語を学ぶのに、文法を全く学習せずに、見様見真似で文章を作ろうとするのと一緒です。

発音にもきちんとルールがあります。そして、そのルールを理解すれば、「なるほど!」と納得できることがたくさんあります。
ぜひ、先入観にとらわれず、英語の発音とリズムを攻略して下さい。多くの日本人は、発音とリズムの「壁」を乗り越えさえすれば、今まで使えないと思っていた英語の知識を実際に使えるものにしていくことができるのです。

コメントは受け付けていません。